ブログ

11月なのに…

皆様 11月なのに、お昼は20℃を超えて外の仕事をすると汗だくになるのは僕だけでしょうか(笑)
柏原市のリフォーム&新築工事の冨江建築工房です。前回に引続き藤井寺市のが瓦吹替え工事の様子を紹介します。

昔の垂木なので丸太を半分にして使ってます。この中で1本だけ違う垂木があるのがわかりますか❔僕も実際見たのはこれが初めてでしたね。桔木(はねぎ)と言う軒先が下がるのをテコの原理で上げて材木なんでよ。桔木に関してまた詳しくブログに投稿しますね。

 今回は、昔の垂木はそのままにして、新たに檜(ひのき)の垂木を補強と言う形で施工しました。もともとかなり、むくってる屋根なので端から端迄糸を張り高さを調整します。約45cm間隔で垂木を割付てビスでしっかりと固定します。今回は野地板厚みが21mmで幅が約20cmのかなり厚めの板を使いました。野地板もビスでしっかり固定しましたよ。

野地板と言うか足場板を貼ってる感じがしてきました。野地板は杉でも赤身の多いところを使用します。赤身の方が長持ちするかですね!これでいよいよ瓦の仕事が出来ます。次回は瓦作業の様子を載せます。


台風で雨がすごいですね。

皆さんお久しぶりです。またまたアプリの調子悪くて、いろんな方々に助けてもらい、なんとか元に戻りました。本当にありがとうございます。

柏原市のリフォーム&新築工事の冨江建築工房です。

今回は藤井寺市で瓦の吹替え工事です。何回か前に鬼瓦を紹介した時の物件です

前回も触れたかと思いますが 築150年たつ物件なのと御施主様から、雨が降っても建物を守って欲しいと強い要望もあり、僕は人生初の素屋根をかけての仕事でした。

瓦をめくる写真は撮るの忘れてました。昔の建物なので当然、土をのせて瓦をのせてて行くという工法です。だから解体はすごいホコリでした!本当にマスクなしではいられない状態でした。

そして びっくりしたのが、確かに150年前の建物なので納得したんですが、野地板やベニヤ板じゃ無く 竹 だったんです。確かに、昔から竹はある丈夫なので壁の中に入れたりとよく見るんですが、 まさか、屋根に使われてるとは感動しましたね!

竹と藁(わら)で本当に器用に固定されてました。

なんとか竹野地は無事に解体できました。屋根裏部屋にも相当土やホコリが落ちたので掃除機で綺麗に清掃しないと(笑)

今回はここまで。またブログアップします。


アプリの調子が悪くて…

皆さん、お久しぶりです。アプリの調子が悪くて写真を載せる事が出来なくて…

柏原市のリフォーム&新築工事の冨江建築工房です。今年は、ほんとに休みが全く取れ無くて遊びにもいけてません。

前回に引き続き柏原市のリフォーム工事です

仕上げのクロス工事です。

クロスを貼ると雰囲気が全く変わります。

廊下は木目調のCFを貼りました。

床を貼ると印象が、ガラッと変わりますよ。

この部屋はペンキがたくさん塗ってあった部屋ですね…

壁の凹凸もかなりありましたが、増張りをして綺麗にクロスを貼る事が出来ました。

増張りをしたので、入口やサッシに木の見切りを入れて調整しました。

タイルの所に洗面化粧台を置く予定です。

壁1面をアクセントとして柄の違うクロスを貼る事もよくあります。

ミニキッチンを入れて終わりです。クロスと床貼りで三日間の工事です。

お住いに関する事なら、小さい事から大きなな事迄、当社にご相談ください。

柏原市のリフォーム工事、新築工事の冨江建築工房でした。


残暑見舞い

毎日暑い中、皆さん生きてますか❔                   いつになると、涼しくなるんでしょうか(笑)

さてと、今回は前回の続きで地元柏原市での、リフォーム工事です

今回は塗り壁の上にプラスターボードをボンドと釘でとめる方法をとりました。

元々 和室だったので柱が全て見えてます。     柱を全て隠して壁を作る事も出来るのですが、部屋が少し狭くなるんので、現状のまま柱を見える方向で作業しました。

ペンキが塗ってあったり下地が悪いので、   この部屋も、壁と天井にプラスターボードを貼りました。 

プラスターボードのジョイントを下の方にする事によって目線の違和感をなくします。      天井迄のプラスターボードもあるんですが、    今回は通常よく使われているサイズのプラスターボードを使いました。

天井のプラスターボードは下地迄しっかり固定する為にビスでとめました。

1階の玄関框も痛みがあった為、                        リフォーム框を取付けました。

この壁も下駄箱があったためペンキも中途半端な状態になっていた所です。これで、仕上げ作業も出来ます。

階段は天井迄の高さがあるのでいつも、足場をして作業をします。高所作業になるので安全第一で作業します

こんなん感じで約3日間の作業になります。   

次回は、仕上げ作業の様子を載せます。  


盆休み❔

皆さん、こんにち暑さ対策してますか❔僕は今年から空調服を着て仕事してます。
空調服を着ると着ないでは全然違いますね(笑) どうも 柏原市のリフォーム工事、新築工事の冨江建築工房です。

今回はホームページからの仕事の依頼で内装工事をしました。地元の柏原市の仕事なので張り切ったしまいました(笑)

まずは、現場調査からですね…

2階の1一部分はボード貼りや床が貼ってありました。

この部屋は元々、和室だったのをフローリングに張替えてありました。

何故か 壁にペンキを塗ってあるんです…         何故かは分かりませんが、ペンキが塗ってあるんです…

この部屋もペンキが…

この部屋は綺麗に床が張替えあるのでこのままCFシート貼れそうです。

1階にもペンキが塗ってあるんです。              タイルはこのままでいけそなので、このまま使う事にします。

この場所にはミニキッチンが入る予定です。

玄関の正面と右側の壁になるます。下駄箱か何置いてたのかなぁ❔(笑)

現場調査はこんな感じで、どなん仕上がりにするのか決めなが行います。今回は規模が小さいのでそんなに時間はかかりませんでした。

さあ次回は工事の様子を載せていきます。


夏本番❕❕

皆さん、お久しぶりです
柏原市のリフォーム&新築工事の冨江建築工房です。

余りの忙しさに睡眠不足と暑さのお陰で、身体の調子がイマイチな日々を送ってます。皆さんは、夏バテ日なってませんか?こまめな水分補給と適度にエアコンを付けて熱中症対策してくださいね。

今回は前回に引き続き大阪市 西区のマンションリノベーション第3弾です。タイル工事のご紹介です。 

まずは下地作りデスが写真が無くてごめんなさい。本来の壁に胴縁で下地をしました。これは電気の配線スペースを確保するためにです。その上に構造合板の厚み12mmの板をビス止めにしました。

やはりこれだけの面積になると、タイルの重みがかなりあるのでしっかり固定しないと大変な事になるので!

タイル目地は深めで施工
約高さが2.2m

幅が7メールの壁一面にタイルを貼りました。

こんな感じで仕上がりました

タイルの下地から仕上がり迄で約一週間の工事です。

皆さんも 壁一面をタイルを貼って見ませんか❔アクセントとして存在感抜群ですよ(笑)


梅雨明けまじか❔

皆さん、こんにちは 
柏原市のリフォーム工事、新築工事の冨江建築工房です。

今回は前回に引き続き大阪市 西区のマンションのリノベーション第2弾です。

キッチン工事のご紹介です

解体前の画像です。

ごくごく普通のマンションにあるキッチンですね

解体中 最近は産業廃棄物処理費用が

かなり高騰していて分別して処理します。

イタリアのメーカーのキッチンで、凄くいい感じに仕上げる事がでました。

次回は第3弾でタイル工事です。


梅雨でジメジメ。

皆さん、こんばんは
柏原市のリフォーム工事、新築工事の冨江建築工房です。

今回は大阪市 西区のマンションのリノベーション第1弾です。

まずは、解体からですね。マンション工事はいろいろな制限がある中、近隣さんに最大限配慮して工事を進めさせてもらいます。

マンションの解体は音が凄く響くので要注意

エレベーターでゴミを下ろすので出来るだけ小さくする事を心がけてます(笑)


家庭ゴミと同じで 我々も分別します

木材と石膏ボートも綺麗に仕分けします。

第1弾はここまで

第2弾も早く載せるように頑張ってまーす。


暑いぞ!まだ六月やで(><)

皆さん、こんにちは。
柏原市のリフォーム工事、新築工事の冨江建築工房です。

今回は、ホームページから依頼があった工事です。

木製の塀が老朽化の為壊れたのでリフォームしたいとの依頼です。

長年の雨 風で木が、完全に腐ってしまってます。

やはり 木の小口から痛みがひどく 今度は腐りにく材料で施行して欲しいと言う事で、樹脂の人工木製の板で塀をリフォームする事にしました。

さてと解体ですよ!

思ってたより痛みが激しくて すぐに解体出来ましま。

次に、人工木製の塀の取り付けです。


こんな感じです。

ビスも外部なのでステンレス製のビスで取り付けしました。

二日間の工事でした。

ホームページからの仕事を少しずつ頂けるようになって来ました。

これからも頑張って行きますのでよろしくお願いします。


123