求人募集

今年の夏は暑過ぎます…

またまた、お久しぶりです。柏原市のリフォーム&新築工事の冨江建築工房です。今回も前回に引き続き大阪市中央区にある施設の中の内装工事です。

さぁ下地が終われば壁材の施工ですね。現場用語として3×8(さんぱち)と言う2420mm×910mmプラスターボードを貼ります。通常よく使うのが3×6(さぶろく)約畳1枚の大きさだと思ってください。

さんぱちのプラスターボードだと横のジョイントが無く仕上がりが綺麗になります。

通常の建物は天井のは高さが2400mmが多くて床から天井まで縦のジョイントだけになります。この壁の裏には階段を作りました。

この部屋にはいろいろな物が取り付けられるとの事なので全面にベニヤ板を貼りました。

さっきの壁の裏側の階段です。普通の階段ではなく、ベニヤ板とパーティクルボードを使い施工しました。

やっぱり横のジョイントがないとボードを貼っても綺麗に見えます!素地なんかの時はいいんですね(笑)

それとこの施設に2匹の動物が居てます… まずはふくろうさんです。ふくろうは、森の賢者、目先の利く鳥と言われ、学業成就や商売繁盛にご利益があるといわれます。 不苦労や福来朗といわれ、360度首が回ることから、開運・招福、お金や苦労に困らない、縁起の良い鳥といわれてます。

続いての動物カエルさん。実はカエルも縁起良いと言うわれたりします。
カエル=「帰る」「返る」「還る」ということから、「お金が還ってくる」「幸運が還ってくる」という意味があるのだそうです。この施設に縁起のいいフクロウとカエルがいるので商売繁盛間違いないですね…

まだまだ暑く熱中症対策をしながらの仕事になります。こんなけ暑いと仕事の能率も下がりがちなのが現状なのです…てな事で暑さに強い人、建築に興味のある人一緒に仕事しませんか❔常に人材不足なので気軽に連絡ください。宜しく御願いします!


梅雨ですね…

お久しぶりです。柏原市のリフォーム&新築工事の冨江建築工房です。皆さん地震がありましたが大丈夫でしたか❔今回は大阪市中央区にある施設の中の内装工事のです。

以前も紹介したと思いますが、下地にはLGSと言う軽量鉄骨を使用しました。

木造の大工さんなの鉄まだ触るのかとよく、言うわれますが何事もチャレンジと思い、昔、溶接の資格迄とりました(笑)

LGSのいい所は反りや曲げ、湿気などに影響されにくく施工性もよく工期も短縮出来るのがいいですね。

柱の事をスタットいい、これの間隔を303mmで立てていきます。下地に貼るプラスターボートが今回は2420✕910と言う少し大きめのサイズの材料を使います。

なぜ、普段より大きめサイズを使うのかと言うと、プラスターボートの継ぎ目がどうしてもで出しまうので、下から上迄1枚もの材料を使う事にしました。

それと、このスタット(柱)も工場で長さをカットしてもらってます。現場でのカットは騒音や火気、ゴミの問題などいろいろな点でクリアー出来るのです(笑)

特にこの現場は時間が無くほとんど寝ずに頑張りましたよ。工場でのカットなで寸法の狂いも無く工期の短縮に繋がるんですよ(笑)

ほんとに、今は職人さんがめちゃくちゃ不足してます。お仕事を頂いても半年以上、待ってもらったりとか、最悪お断りしてしまわないと行けない状態になりつつあるのが現状なのです。職人さんの募集も随時してますし、若くてやる気のある人ぜひご連絡ください。


全国区٩(•ᴗ• ٩)

皆さんお久しぶりです。

柏原市のリフォーム&新築工事の、冨江建築工房です。先日仕事の打ち合わせで北海道の札幌に行きました。

これは、さっぽろテレビ塔の写真ですね(笑)ぱっと見た感じ 通天閣やんと思ってしまった事は秘密にしときます。

今回は大阪市北区のマンションのリフォームの様子を紹介します。

普通の部屋に収納できるスペースを作りました。

いろんな、材質があるのですが今回はアルミをベースにレールと建具を取り付けました。

枠と天井に約15cmの壁を作り壁紙を貼る事で仕上がりが綺麗になります

ガラスを入れると重たくなるのでポリカーボネートを使用しました。驚くほど軽い扉です。

アルミベースにポリカーボネートの組み合わせなのでここまで軽くできるんです。これを、普通の木製建具にするとめっちゃくちゃ重たくなります。

次回もリフォームの様子をブログに上げたいと思います。


ビフォー アフター

お久しぶりです。柏原市のリフォーム&新築工事の冨江建築工房です。最近ほんとに忙しくてろくに寝てません(笑)今回は西宮市の物件です。

新築してから約20年と言う年月で石の階段が真っ黒に(><)

なんで、こんなんに真っ黒になって、オマケに雨の日にめっちゃ滑るので、御施主様から何とかならないかなぁと言う依頼です。正直、最初どうしてなったかわからなくて、悩んでふと空を見上げたら植木があるので、もしかしてと思い造園屋さんに写真を送ると、即答でアブラムシだねぇ…

アブラムシの糞が悪さをしてると即答(笑)まさかのアブラムシの糞だとは(笑)

原因が分かれば対策は簡単ですね!薬品を使い、周りに薬品がかからない様に細心の注意をして処理します。

ひたすら磨く、これの繰り返す事で石が綺麗になってきました。

ビフォーアフターですね(笑)ほんとに最初と最後の写真がまるで別物みたいで自分でも信じられないですね(笑)

ほんとにアブラムシの糞だとはね(笑)皆さんの家も植木の下が黒なってきたらアブラムシの糞かも知れませんよ(笑)そんな時はぜひ御相談ください!


仕事してるうちに(><)

おはようございます。久しぶりのブログになりますが、僕は元気です。夜中から雪が少しパラパラしてるな思ったら、夜勤してるうちにうっすらと積もってましたね。柏原市のリフォーム&新築工事の冨江建築工房です。今回は堺市南区のリフォームです。

この物件は約40年前に僕の師匠である親方が建てられた物件です

まずは解体からですね…

40年前とは家、滅茶苦茶しっかりと作られていて、何時も通り解体には時間がかかります。

鉄筋コンクリートの家なのでしっかりしてるなぁと関心しながら潰してます…

一部部屋は残して使うので解体には細心の注意をします。

白をメインで統一してます。

床にはタイルを貼りました。

元々和室だった部屋のひとつをフローリング貼りにしました。

廊下も白をベースに天井板も壁の板も、木目を生かした塗装をしました。

和室は基本的にはほとんど触らず床(とこ)に、丸くくり抜いた壁を作って畳を新調しました。

襖紙もなかなかセンスのいいのを選んで頂いたので、部屋の雰囲気が全く変わりました。

この部屋も、廊下同様、白をベースに床にはタイル、天井や壁も白に統一しました。

部屋から外を見ると庭の植木がちゃんと見えます。

大理石はそのままで使用します。

やっぱり和室は落ち着きますね。最近の家は和室が減っています。まぁ時代の流れなのかと思ってます(><)。今回は家1件丸々全改装と言う規模の大きな物件でした。


【柏原市・職人募集中】冨江建築工房で一緒に働きませんか?

柏原市の冨江建築工房では、一緒に働ける職人仲間を募集しています。
主な業務内容は、新築・増改築・リフォームといった家づくりです。

手に職をつけたい方や、建築業界に興味のある仕事に熱い方は、ぜひ一度お問い合わせください!

こんな家づくりをしています。

 


Before

 


After

 

詳しい業務内容はこちら≫

【条件】
・普通自動車免許要
・年齢不問
・元気で仕事に熱い人!

その他待遇に関しましては、面接にてご相談・決定させていただきます。
詳細についてはお電話にてお問い合わせください。

【お問い合わせ】
代表直通: 090-5964-4079
事務所: 072-972-0522


施工事例
求人募集